ピーリングジェルの選び方で気をつけるポイントとは?

ピーリングジェルの選び方で気をつけるポイントとは?

ピーリングジェルの選び方で気をつけるポイントとは?

顔だけでなく足裏や肘などの古い角質取りができてツルツルすべすべの状態にしてくれる上に、ターンオーバーを正常化してきめの細かい潤いのある肌にしてくれると評判のピーリングジェル。

 

家にいながらにして肌に溜まってもういらなくなった角質をボロボロと落としてくれることから、スキンケアの1つに使われる女性が多くなっています。

 

でも最近では各化粧品会社からいろいろ発売されているので、どれにしたらいいか分からないといった方も多いと思います。

 

ピーリングジェルの選び方でまず一番気をつけたいことは「自分の肌に合うかどうか」です。

 

市販の家庭用は美容皮膚科などで使用する薬剤よりも安全性の面から低刺激で作られています。

 

それでも角質落としをするものですので、少なからず肌への刺激はあります。

 

といってもピリピリしたり使っている時に痛みを感じるものではありませんが。

 

特に敏感肌の方は乾燥や肌荒れの原因になる可能性もありますので、使用前にパッチテストをして大丈夫なのかどうか確かめてみる事が失敗を防ぐ第一歩になります。

 

もしパッチテストが難しいのであれば、最近では少量のトライアルセットを販売しているメーカーもあるのでそちらで試して見るのがベターです。

 

また、成分にこだわる選び方をすると、肌に優しい角質取りのジェルを選ぶことができます。

 

一般に市販されているピーリングは、主に2種類の成分に分類することができます。

 

まずはフルーツ酸を使用するタイプがあります。

これは医療機関で行う方法と同様にフルーツ酸を使用することで、エステサロンやクリニックで施術するような効果が得られると高い人気を誇っています。

 

市販のピーリングジェルといえばこのフルーツ酸を使用したものが主流と言えます。

 

効果だけでなく、肌に対しての刺激も少ないのが魅力の1つとなっています。

 

もう一つは酸素を使用するものです。

含まれている酸素成分が肌深くに浸透して毛穴をキレイに掃除してくれ、長い間溜まっていた老廃物や角質を刺激なく除去してくれるというもの。

 

この2種類の中でもオススメなのは、グリコール酸やAHA、フルーツ酸、乳酸と成分に書かれているものです。

 

これらは優しい使い心地なので肌の弱い人でもおすすめです。

 

逆にサリチル酸などを主成分にしているものは効果が高い代わりに負担が強いので、初めて使う方や敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

 

使い方さえ守って商品選びも間違えなければ自宅で手軽に角質のお手入れができるのがピーリングジェルです。

 

市販の角質落としのアイテムを色々と試してきた私ですが、顔も足の裏も肘など体にも使えるピーリングジェルや、無理に古い肌を剥がして落とすような刺激の強い商品もありました。

 

しっかり落ちるというのは大前提ですが、後々の肌トラブルを避けるためにも毛穴の黒ずみやくすみの原因となる余分な角質だけを優しくケアしてくれるピーリングジェルを選んでくださいね。

 

 

 

page top